シュタイナーサマーフェア

 今年も行ってきました。シュタイナースクールのサマーフェア。

今年は何して遊ぼうかな〜。

まずはケーキ売り場へ。

フルーツの串刺し1ドルを購入。

おいし〜〜い♪♪♪

生徒の工作の部屋。筏に乗ってる小人さん。かわいいね〜^^色々素敵な作品が飾ってあってやっぱり素敵だなーシュタイナー。

バイオリンの演奏会。

1回2ドルのラッキーディップ。おばさんのコートのポケットから好きな袋を1つ選んでもらいます。そうらが当たったのは輪ゴムを飛ばして遊ぶ竹のおもちゃだったよ。

手作りマーケット。木のおもちゃがあたたかくて優しくてやっぱり大好きだな〜。

宝探しゲーム。

砂の中から鍵を掘り当てて、宝箱の中の金の石をもらったよ。

金の石にキスするルイ。

妖精のエリア。

子供だけが入れてチケットと引き換えに買い物ができるコーナー。
手作りスパイダーをゲット。スパイダーマンの服と一緒だね。
他にも子供しか入れないカフェとかあって中は外から見えないようになってて夢がいっぱい溢れてたよ。

お魚つりゲームをしたよ。

木でできた魚を釣り上げて一つもらえます。

ベジタリアン料理も色々美味しそうだった〜。また料理熱がフツフツ。

今年は馬に乗って輪っかをひっかけるゲームに挑戦したよ。

2つとも取るのに成功したよ^^!木でできたメダルをもらったよ。


最近私のワクワクすることってなんなんだっけ?なんて考えることがしばしばあったのだけど、衣食住を大切にし、ゆっくり生きることを楽しむ事が一番ワクワクすることだなと再認識できた一日でした。

素敵な一日に感謝!
0

    シュタイナースクールサマーフェア

     今年も行ってきました。シュタイナースクールのサマーフェア。


    雨が降ったり止んだりのお天気でしたけど、相変わらずいい雰囲気。お祭り気分満開。学校とは思えない。

    太鼓が始まり、

    子どもたちが踊りだす。

    少し離れたところでノリノリのソウラ。

    大人気のケーキ屋さん。

    子供たちのノートが展示されてました。教科書はなく、自分で絵を描きながら教科書を作っていくのだそうです。どれも個性があってカラフルで素敵。

    どの音を叩いてもきれいなハーモニーを奏でるとても素敵な木琴と鉄琴。
    いつもはあまり楽器に集中しないそうらも、この時は音の世界に夢中になっていました。

    こどもだけが入れるChildren's bazaar。中はどうなってるんだろう。。

    宝探しゲームをしたよ。砂の中に埋まってる宝物を見つける。ただのスコップじゃなくて、ほら貝のスコップで掘るところがまたとてもかわいい。

    ルイもソウラも金塊を発見!!手作りの巾着袋に入れてもらいます。
    他に貝殻のネックレス等も埋まってたよ。

    imiと合流してカフェタイム。
    大きなメレンゲを食べました。

    これがかなり美味しかった!レインコートについたクリームを必死で舐めるルイ。

    最後にはショベルカーに乗ったよ。

    ほんとに運転してます。なかなかできない体験ができてよかったね(^^)。

    最後にはパパも合流して最後の最後まで残って遊んでたのでした。

    やっぱりシュタイナーいいわ〜。

    いるだけで、嬉しくなります。





    0

      シュタイナースクール見学

       エラズリーにあるシュタイナー学校、毎月第一水曜日はオープンアフタヌーンといって、1時半から3時まで幼稚園、学校見学ができます。

      ということで、行ってきました。


      幼稚園の様子。
      去年リニューアルされたそうです。



      幼稚園は月搖から金曜の朝8時半から2時まで。給食がでるそうです。

      気になる授業料は、4歳は年間2941ドルだそうです。2人目から2041ドル、3人目は1689ドルと、だんだん下がっていきます。5、6歳はプラス45ドル。


      校庭の様子。


      小学校の様子。

      編み物を教える授業もあるそうです。

      シュタイナー学校では7歳から小学校です。
      授業料は年間3151ドル。小学校授業料も2人目、3人目と徐々に下がっていきます。


      中庭には野菜が育てられてました。


      中学校の様子。
      中学校は授業料年間3551ドル。


      高校の様子。授業料年間3651ドル。

      制服はなく私服です。
      生徒達はいたって普通の高校生でしした。

      高校ではパソコンを教える授業があるそうです。
      でもそれまでは、パソコンはあんまりしてはいけないという方針みたい。

      子ども達の良い見本となるには私自身がパソコンの時間減らさなきゃだな。
      むずかしいな。

      授業料は政府の補助が出る為か、日本と比べたら断然安い。

      なるほど〜。参考までに。



      0

        Rudolf Steiner school summer fair

         今日は家からエラズリーにある、シュタイナースクールのサマーフェアに行ってきました。

        http://www.michaelpark.school.nz/


        私の好きなものがいっぱいで胸がドキドキソワソワ。

        ここのお店に売ってたペンダントとても素敵でほしかったけど、お金を持ってなかったし迷う間もなく断念。オーストラリア産のオパールを使ったペンダントでした。ラグランで作ってるそうです。いつかどこかで再会したらその時は、私の胸に舞い降りてね。

        ライブミュージックもずっと演奏されていて学校でのイベントとは思えないほどお祭りムード満開。

        シュタイナースクールのブース。やわらかいレインボーカラーでどれを見てもかわいかったー。

        木馬に乗って坂の上からすべってくる遊びが大人気でした。平和だねー。
        他にも木の実でアクセサリーを作ったり、宝探しゲームとか、釣りとか色々あって楽しそう♪
        私達はまだ子どもが小さいので見てるだけでしたけどね。

        なんか子どもたちがとても人懐っこくて純粋に見えました。父兄の方々や先生らしき人もとても素敵なオーラを醸し出していて、やっぱりシュタイナースクールに関わっていたいなと強く思いました。
        子どもたちを通わせる事が出来たらどんなに素敵だろうな。

        今の家から片道20分ほど。不可能ではないよね?

        今の所、いつか女の子が産まれたらシュタイナースクールに入学させたいななんて希望を胸一杯に持っています。

        私もそれまでにもっともっと成長して、きちんとシュタイナーの方針に向きあっていけるような本物になりたい。

        まずはプラスチック製のおもちゃをなるべく減らそうかな^^;
        でもテレビに関しては難しい所です。。。

        果たして、お兄ちゃんは公立で、妹はシュタイナーって形式は成り立つのでしょうか?
        どうしても無理な部分がでてきそう。

        なんとかこの胸のときめきを形にする事ができますように。

        今度オープンアフタヌーンに行って詳しく聞いてこよっと。


        0

          シュタイナー幼稚園見学

           今日はティティランギのシュタイナー幼稚園がオープンキンディーの日だったので行ってきました。
          緑に囲まれてて敷地も広くまさしく自然の幼稚園ってかんじ。



          1時半からのオープンキンディーだったのだけど、12時に着いたので園庭で遊ばせてもらいました。




          やっぱり遊具は自然の物ばかり。

          丁度お迎えの時間だったのだけど、みんなゆるい感じで優しい笑顔をしててとっても素敵な人たちばかりでした。


          教室の中は母体をイメージした薄いピンク色。
          すべてが自然素材のものでとっても落ち着きます。



          なんか私の理想そのもの。



          あたたかくてかわいい。



          おとぎの国みたいです。



          幼稚園の時間は8時45分から2時45分まで。4歳から6歳の合同クラスです。
          お昼は家に食べに帰る子が多いそう。
          ティティランギのシュタイナー幼稚園は政府の補助が出ないので週に60ドルの費用が必要とのことでした。それでも日本に比べたら安いかな?
          今そうらが通ってる幼稚園は3歳児は午後の2時間半だけで、政府から週20時間の補助がでるから基本無料です。寄付として1時間50セントだけ集めてる感じ。

          小学校もずっとシュタイナーに進学する子を優先的に入れて行ってるそうです。
          現在7人待ち。
          結構人気あるみたい。

          コミュニティーが発達してるからここの一員となったら今よりもっと深く豊かな暮らしができるだろうなー。


          それにしても好奇心ってのはすごいエネルギーですね。
          運転の苦手な私が家から片道50分のロングドライブに挑戦するほどパワーが沸きました。
          おかげでちょっと運転に自信がでた。
          行く気になればどこでも行けそう。

          あ〜素敵な一日だったな。


          0

            シュタイナー教育ってどうかな。

            日が沈むのがどんどん早くなり、蝉が力の限り鳴き続け、夜はひんやりと涼しい風が吹き、残暑のムードむんむんの今日この頃です。


            今日は以前から気になっていたティティランギにあるルドルフシュタイナースクールをのぞいてきました。http://www.titirangi.steiner.school.nz/


            教室の中は壁がうすいピンクにぬられていたり、虹色になっていたりかわいいかんじ。


            シュタイナー教育とは一言で言えば、「魂を育てる学校」です。

            これからの人生を自分の意志で切り開いていくことのできる、
            本当の意味で「自由な人」になるための教育です。

            四季を感じて、生命のあるものに触れて、想像力を大切にします。



            特徴は

            ☆ 子どもの成長を7周期でとらえます。
              0〜7歳では意思を育て、8〜14歳では感情を育て、15〜21歳では思考を育てます。

            ☆ 学校は7歳から8年間担任制です。小学校とか中学校とかに分かれていません。

            ☆ テストはありません。評価は点数ではなく先生から言葉のメッセージで伝えられます。

            ☆ 教科書はありません。子どもたちが授業で学んだことを基にノートに書きあげ自分で作ります。

            ☆ エポック授業をします。エポック授業とは毎朝2時間×4週間同じ科目を習い、次の4週間は別の     科目を習うというやり方です。

            方針は

            ☆ 7歳まではテレビを見せない。7歳以降もなるべくテレビを見ない。
             
            ☆ 食事は自然食

            ☆ おもちゃは自然素材の物

            ☆ CDよりも生の楽器で


            私自身、シュタイナーの教育方針に100パーセント賛成ってわけではありません。

            テレビは夢のあるお話や感動を与えるものなら、たまにはいいかなって思うし、食事も自然食じゃなきゃだめってかんじではなくて普段は自然食を基本として、時にはポテトチップスを食べてもいいかなって思うし、おもちゃは、ソウラが夢中で遊んでる大好きなプラレールを取り上げようとは決して思わないし、トーマスだってキャラクターは駄目とかいうつもりは全然ありません。
            まあ、刺激を与え過ぎるおもちゃはなるべく奥にしまってたまーにだけ遊ぶような感じにしようかな。
            我が家は音楽好きなので音楽は常に流れてます。

            な・る・べ・く でいい。
            なるべくテレビを見ない。
            なるべくオーガニックな食生活。
            なるべく自然のおもちゃ
            なるべく生音

            それでいいと思います。

            自分の価値観で科学や文明とも臨機応変にバランスを持って付き合っていきたい。

            まだシュタイナー学校に行きたいのかどうなのかそれすらはっきりわかってないけど、ゆるシュタイナーならいいかもなーってかんじかな。

            シュタイナーの根本、太陽や月、地球と共に生きるって所がわたしの気持ちとぴったり合わさって素敵です。

            学校に行かなくても、家でもそういう風に育てていくことは可能だと思う。
            子どもの個性を受け入れて伸ばしていく。
            あたたかかくこどもを見守りつつ大きな声で怒らず目を見て言い聞かせる。
            四季を感じて自然、命に触れて生活する。
            子どもは大人をまねるからいいお手本でありたいです。



            学校のすばらしさは、同じ価値観の人たちと一緒に育っていけるって所。

            それにシュタイナー学校のあたたかい雰囲気がとっても好き。

            テレビに支配された生活だけは絶対避けたい。
            今、ここに在る事を大切に生きていきたいと思ってます。

            今行ってる幼稚園はシュタイナーではないけど、ほとんどシュタイナー的なかんじです。
            泣く子を無理に引き離して幼稚園に預ける必要はないって言ってくれるし、おもちゃはほとんどが自然素材のものだし、自由に興味のあるもので気の向いたときに遊べるし。
            今の幼稚園ほんと素敵で気に入っています♪
            なんか幼稚園に行くとハッピーなエネルギーに満ちていて元気が沸いてくる感じ。
            (そうらはまだまだ一人では行けそうにないけれど・・ね。)


            おまけ

            ティティランギはオークランドシティーから20分ほどの町。
            アーティストが多い町とも言われ、マーケットも充実してるし、ヨガやヒーリングなどのコミュニティーも発達してます。それになんといっても緑がわさわさ。サーフィンのピハビーチにも近いし、私のお気に入りの地域です。

            今日はマーケットとニューエナジーフェアに寄ってきました。

            マッサージやレイキのブースが並んでていつか参加してみたいなーなんて。


            行く行くはここら辺に住みたいなーなんてちょーーーーっと思ってる今日この頃でした。


            0

              | 1/1PAGES |

              selected entries

              categories

              archives

              profile


              2009年6月の漂着から永住権取得を経て、次なるステージの波へゆっくり漕ぎ出す、仏陀とスポーツを愛する情熱挑戦夫+気ままにものづくりを楽しむオーガニックヨガ嫁+小さな道連れぼーいず2人+にゅーべいべ〜=家族5人、毎日のナチュラルライフ(旅)を刻んでいくファミリー物語。ユーモア 情熱 感動 感謝 愛をもって一日一日を大切に。

              presented by 地球の名言

              links





              search this site.